<< DISK OF THE YEAR 2005 〜NEW COMER〜*prev
年始徒然 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

DISK OF THE YEAR 2005 〜LIVE〜

■2005年 思い出の5ライブ

・クリックすると 旧ブログで書いた各ライブレポに飛びます。(JEW以外)


4/4,5 Jimmy Eat World @O-EAST



1日目は後方で全体を、2日目は最前列で鑑賞。
自己興奮度&至福度&陶酔度&観客一体感度100%!
もしかしたら現時点の人生の中で一番思い出に残るライブかもしれない。「Sweetness」は本当に特別な曲だと確認した。



7/8 無戒秀徳アコエレ @逗子KANNON



波音を聴きながら真夏の夜のアコエレ。
様々な仕掛けもあり、最高のシチュエーションだった。
打ち上げにて怪談話に出てきたエリマキトカゲの物真似をされるも、緊張して爆笑をこらえリアクション取れず自己嫌悪に陥る。

7/23 the band apart @新木場STUDIO COAST



2005年最も観たバンド=the band apartであり、その中でもapart初となるワンマンは大地震のハプニングも込みで特別な空間だった。いつもより何倍もの広さの会場だったのにいつもよりはっきり観えたような。そして何だかコチラまで感極まる始末。そんな素晴らしい模様がDVDになるとは・・・

8/28 ZAZENBOYS @日比谷野外音楽堂



ナンバガ時代からもはや恒例になっている野音。行ける限り毎年行きたい、真夏の野音は特別。日比谷周辺にあの音が響きわたり、無差別に誰かの耳に届いてると思うだけでゾクゾクする。虫、そして森の精霊までもが同じ観客なのだ。そんな素晴らしい模様がライブ会場限定CDになるとは・・・

11/13 Cursive @下北沢SHELTER



Cursive来日公演最終日。久々に超満員のSHELTERを観た。最後方だったのに空気が薄くて苦しかった。来日直前にチェリストの脱退が発表され大変残念に思ったが、Cursiveは4人でも立派にCursiveだった。壮大で幻想的なアクトだった。


(次点)11/5 Scoobie Do×ZAZENBOYS @代官山UNIT

うー 迷った次点。
スキなバンド同士が対バンだけでもアガったのに、同じステージ上でセッションされて死んだ。2バンドともいつもに増してテンション高いライブだったように感じた。
author: am
BEST SELECTION | permalink | comments(2) | -
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
JEW良かったよね!
Sweetnessはもう、なんかパブロフの犬状態です。
かかったら反応→合唱みたいな。
年中頭の中が青春な自分としてはLucky Denver Mintがツボでした。というか、amライブ行き過ぎ!
(成分の90%は羨ましさでできてます。)
comment by: 180 | 2006/01/07 11:29 PM
ねー!あの日のライブは今も目を閉じると・・・
うーん 夢のよう。Jimの変髪とあの艶ボーカルサイコーだったね!
「Lucky Denver〜」は、まさにミントのように爽やかだよね。タイトルつながりで話それるけど、180には SUPER CARのLuckyも似合うよー。
今年もライブに行きましょう。ぜひお供させてください。

comment by: am | 2006/01/08 12:12 AM
Leave a comment:






am sign

KIMOCHI的にはMUSIC/LIVE REPORT/REVIEW をメインにいきたい音楽&日記系blog
人生の伴侶は音楽であります。