<< DISK OF THE YEAR 2005 〜IMPORT〜*prev
DISK OF THE YEAR 2005 〜LIVE〜 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

DISK OF THE YEAR 2005 〜NEW COMER〜

■2005年 思い出の5枚 (新人編)

yourcodenameis:milo / Ignoto



元・相棒の180からアルビニ先生プロデュースのEPのプレゼンを受け、みるみる見事にハマったYCNIMの1st AL。よく聴いたなーコレ。まるで刃物の暴挙なギター音と、耽々と繰り返されるメタリックなフレーズに乗っかるハイトーンボイス、弦vs弦・打vs打の不協和音のオンパレードにはATDIが引き合いに出されるのにも納得です。
幻想的でドラマチックなM-9「EMPTY HEAD」は再生回数上位に食い込む個人的BEST SONGでもあります。日本盤発→来日切望!

Clap Your Hands Say Yeah / Clap Your Hands Say Yeah



USレコ屋チャートNO.1にランクインしていた知らないバンド名犲蠅鮹,海Δ アーイエー瓩半ー蠅墨駄し、一晩経っても気になって仕方がないので期待せずに試聴したらばビンゴ!その時は直輸入してるレコ屋の通販でしか流通してなかったのでダウンロードしたMP3をエンドレスリピートの日々・・・ってもう説明不要でしょうか。本国ではもちろん、此処日本でも一躍ヒーローになってしまいましたもんね。トッド・ラングレンにも影響されたらしくそれは奇遇、ワタシも大好きですと思いました。

Tela Melos / Tela Melos



65days of staticから暴挙さとデジビートを抜いて、よりハードコア〜フリージャズ〜マスロック要素を盛り込ませたようなポストロックで、Youthmovie Soundtrack Strategies(相変わらず名前長いねー)に近いサウンド。轟ギターはアグレッシブに勢いで攻めてきますが、ジャズっぽいカッティングギターのフレーズも多かったゆえスタイリッシュさが目立ち、難なく聴けました。
私的ポストロック部門では、65 days of staticに次いで2位。まずは次作に期待してます。

The Afters / I Wish We All Could Win



2005年2月リリースなのでもう1年前くらいですね。基本的にPOPが好きなんですけど、当時というか最近の傾向として真っ直ぐな美メロと美ボーカルからめっきり遠ざかっていたため、正直最初はちょっぴり恥ずかしかったわけです。でもやっぱり良いものは良かったんです。POP〜EMOの直球ストレート。
私的2004年でいうThirteen Senses,KEANEのような位置です。
人は亡くなったら土に返ると言われるように、結局はこうして音の好みも基本に返っていくのでしょうか。

The Fall of Troy / Doppelganger



新人ではなくてすいません・・・。若干スクリームが苦手な自分が相当聴いたので個人的にも印象的な盤'05なので。といってもそこまで叫んでもないし、若さゆえなのか叫び声もクリーンに聴こえるのが良かったのでしょう。で、何が心底良かったのかといえばこのたたみ掛けてくるアンサンブル!20歳くらいの青年がトリオでこんなカオティック世界を編み出すとは!Mars Voltaの2ndは聴き手の体調を選びましたが、Fall of Troyは単純に聴きやすいので朝からガンガン聴いてアガってましたね。
author: am
BEST SELECTION | permalink | comments(2) | -
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
The Fall of Troyって新人じゃないんだ。しらなんだ。YCNI:M気に入ってもらえて嬉しいよ。
amは絶対好きなはずだって思ったので。来日したらいきましょー!&こんなとこでなんだが移転おめでとう。あいかわらずスゲーパワーだな。修造超えです。
comment by: 180 | 2006/01/07 11:33 PM
Fall of Troy これが2ndらしい。もちろんamも知らなかったんだけどさー。amazonに流通してた。

YCNI:Mは素晴らしい出会いが出来たと思ってます。それもこれもアータのおかげ。
来日したら絶対行こうねー!グッズあったらTシャツとか買っちゃいそうな勢い。ムフフ。

修造超えにはまだまだだけど、せっかくなので世界陸上の司会する某俳優とか、あと照英とか目指そっかな。修造が某番組で「日本選手の勝算は?」聞かれててフリップに書いた答えが「(信%)」だった。もうコッチはわけわかんないじゃん。意味が犲分を信じた分だけパーセント瓩世辰董コッチはわけわかんないじゃん!そゆとこが好き。
comment by: am | 2006/01/08 12:29 AM
Leave a comment:






am sign

KIMOCHI的にはMUSIC/LIVE REPORT/REVIEW をメインにいきたい音楽&日記系blog
人生の伴侶は音楽であります。