<< 移転*prev
DISK OF THE YEAR 2005 〜IMPORT〜 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

DISK OF THE YEAR 2005 〜DOMESTIC〜

■2005年 思い出の5枚 (邦楽編)



ZAZENBOYS / HIMITSU GIRL'S TOP SECRET


1st,2ndと比較すれば、より極めにこだわりソリッド感を増した作品。音vs音のガチンコ勝負で生み出されるこのうねりは聴き手を秒殺させる殺傷効果も。
息が詰まりそうな中でもTシャツまで作ってしまったM-3での詞世界に見られるように緩めるところは緩めつつ、締めるところはバシっと締める絶妙のサジ加減に見事に踊らされてしまうことになるとは。

the band apart / quake and brook


ライブは多いもののリリース活動はマイペースなバンドだけに、待望の2ndアルバムとなった今作。1stと比べ、落ち着いた印象で風格すら漂うのはその演奏テクニックと見事なアレンジの賜物じゃーなかろうか。メカニックなイントロには鳥肌が立ち、一瞬「ボートラ?」と耳を疑った西遊記調の某曲まで全10曲異常に聴き込んだのにも関わらずまったく飽きず。むしろ常に新発見ばかりで困ってしまったほど。

真心ブラザーズ / Dear,Summer Friend


3年半ぶりに活動を再開した真心の復活第一弾シングル。
大名曲「サマーヌード」に匹敵るキャッチーさをぶつけてきたことに発狂したファンも多かったことでしょう。(これって自分のことか)
復活を後押ししてくれたのは、次世代真心崇拝バンド(サ○ボとか)のご活躍と誉め殺しのおかげかもとワタシは勝手に思ってます。でもそれは真心自体がかっこいいからなのですけど。

Uri gagarn / NO.1 Oracle


この中では知名度も劣ると思うのでちょっとご説明から。多くのバンドに混じっても絶対頭から離れない忘れられないバンド名と、ライブの対バンメンツがいい感じだったのが興味を抱いたきっかけ。自主レーベルからリリースした今作が予想以上の衝撃。初期NUMBERGIRL,SPALTA LOCALSに通じる端的な轟ギターとオルタナ臭、そこに乗っかる唄声は、基本へなちょこ、時に絶唱。その中でもM-2が聴きやすい。

TERIYAKI BOYZ / BEEF or CHIKEN


正直なところ今更感&DJ SHADOW, CUT CHEMIST, ADROCK, Daft Punk, DUN THE AUTOMATOR等の明らかにゴージャス過ぎるプロデューサー陣のクレジットからお金を連想、そして「今夜はバギーパンツ」ってなんてタイトル!と思うも、聴く度マイナスが次第にプラスに働いてしまった1枚。2005ベスト盤ではないけども、いい意味で機能してしまったのでランクイン。メンズがあれくらいの人数でふざける図というのにめっぽう弱い自分のミーハー精神が未だ抜けきれてないことを再確する機会にもなった。
author: am
BEST SELECTION | permalink | comments(4) | -
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
続けて、移転先にもお邪魔しちゃってます。
移転開設おめでとうございます♪

HIMITSU GIRL'S TOP SECRETがアタシの初めてのZAZENの音でした。
一音目でノックアウト!
遅ればせながらスタートするZAZEN道ですが、よろしくお願いします。
comment by: ハルチ | 2006/01/07 5:41 PM
>ハルチ様

どうもどうもわざわざコチラにも足を運んで下さったのですね。嬉しいですー。ありがとうございます。HIMITSU〜の一音目で(一音目ってのがミソ)K.Oされたのであれば、もうそれは中毒のはじまりかもしれませんね。フフフ。ちょうど「掘廚盻个襪海箸任垢掘ZAZEN道の入り口にはちょうどいい時期かもしれないですよ。
こちらこそこんなですが、ZAZENやそれ以外でも何か語りたくなったらぜひ遊びにきてくださいねー!
comment by: am | 2006/01/07 10:44 PM
こんばんは。移転お疲れ様です。
そして2005年思い出企画、楽しく読ませていただきマシータ。端的ながら的確なレビューが気に入りました。そして、自分はamさんの影響を受けているなあ、と改めて思いました。本年もMt.ストーカーとして後追いしていく事になるかと思いますが、広い心で許してください。
テキヤキにダフパンもかんでたんですね。ワールドワイドだなあ。
comment by: いもすけ山 | 2006/01/07 11:29 PM
>いも山様

早速来ていただいてほんとありがとうございますー。嬉しいと同時にありがたいです。

思い出企画は、あっさり書いたわりには心のままに書いたので、まさにありのままの心情でございマシータ。
テリヤキは豪華すぎです。だから脳内にマネーがちらつくんですね。

Mt.ストーカーって、これまた今年もいいネーミングがつきましたね!今年はなんて呼ばせて頂こう・・・大変楽しみです。こちらこそよろしくお願いします。
comment by: am | 2006/01/08 12:39 AM
Leave a comment:






am sign

KIMOCHI的にはMUSIC/LIVE REPORT/REVIEW をメインにいきたい音楽&日記系blog
人生の伴侶は音楽であります。