<< ◆ [LIVE] 12/12(tue) キリンジ @渋谷公会堂*prev
◆ 古ネタありのたまて箱 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

◆ キリンジ ライブレポ後記+α


昨日付でUPしているキリンジライブレポですが
ワタクシam、例の如くレポだけでヒートアップしてしまい主観ばりばり。
肝心の堀込ズのしゃべり場MCさえも紹介出来なかったわけです。

未だ余韻に浸っておりまして、またキリンジ病です。
何度目だっての。もうついに末期でしょうか。
みなさんワタシのこの悪玉ウイルスをもらわないようにね。
いや、もらってくれて全っ然いいんですよ。

[12/12 キリンジライブ 番外MC編]

1. 堀込ズのツアーの思い出

3曲終わった時点で初めてのMC。
「今回のバックバンドメンバーとは見事になんのいざこざもなくスムーズだった」との事。普通ならいろいろあるものだけど。九州は熱かったらしい。とりあえず全国ツアーの思い出を喋ろうとしたらしいけど、なにも出て来ず堀込ズ苦笑。喋りの引き出しがない堀込ズに会場もクスクス。「旅の思い出は各地に置いては来たんですけどね」って見かねた弟・泰行が発言。置いてきちゃったらダメじゃん!って心でツッコミながらもウフフーってなった。ワタシが。

2.兄のハウリンメガネ

兄・高樹が「ハウるってわかりますか?」と。例えばギター音がマイクに反響してキィーーとか鳴っちゃうやつ(=ハウリング)が激しいときがあったらしく、ハウること=かっこ悪いことらしく「おいおい泰行ダメじゃん!」みたいに思ってたら、それが実は自分が原因だったことにショックを受けたって話。原因は、兄のメガネ!ギターの音がスピーカーに伝い、その音が兄のメガネを伝ってマイクに反射してハウってたそう。超ショックだったらしい。俺かよ!俺のメガネかよって。
そうなるなら「メガネの角度を変えて自由自在にハウってやる」とか、
最終的には「ギターなんか弾かないでメガネだけで演奏してやる」 「すっごいデカいメガネかけてハウりのプロになる」とか話がどんどんエスカレートして超おもろかった。超饒舌&会場爆笑。最近ではメガネにもギターにまつわるかっこいい名前もついてるからって、弟・泰行が「そのうち堀込モデルが出ちゃうんでしょ。ほりご〜めとか命名されて」とか言ってた。ウフフー ほのぼのだなー デッカイメガネの話してたときにZAZENのカシヲが前によくかけさせられてたハート型のデカ変態メガネが浮かんでまたほっこりした。ウフフー


いまだキリンジ病です。これね、ほんっと1枚はまると全タイトル欲しくなって、それが全部一生ものになってくからこれ不思議だよ。ワタシ冨田さんが関わってないセルフプロデューズの新作でこんなに心持ってかれるとは思わなかった。むしろそれがうれしいよ。やっぱワタシは堀込兄弟の才能と感性にツボ押されまくりって意味になるわけでしょ?


ペーパー・ドライヴァーズ・ミュージック

インディーズ時代の名曲も入り混じえたメジャー1st。若々しくも皮肉じみた作品。
「野良の虹」は、いつ聴いても甘酸っぱいようなしょっぱいようなセンチメンタルがこみ上げてくる。うーん涙味。



47’45”

個人的に地味めな印象のある2ndだけど、マニアックな名曲がつまっているので外せない。牡牛座的にも「牡牛座ラプソディ」はマストだし、路上で暮らす人を歌う「ダンボールの宮殿(パレス)」もまさに堀込節ね。
そして「耳をうずめて」の僕は音楽に愛されている / そう思うのさ/ ってフレーズどうよ?!全世界のアーティストに聴いてほしいと願いまっす。

3

アップナンバー〜スリリングなひねくれポップ〜バラードまで疾走しまくる非常にキャッチーでバラエティーに富んだ3rd。名曲「エイリアンズ」から真冬に聴きたい「サイレンの歌」「千年紀末〜」も。「車と女」好き。

Fine

コーラス参加したaikoもいい感じにキラリ光る超名曲「雨毛布」やら、am一撃でノックアウトな泣きのバラード「drifter」はこのアルバムで聴けますよ。

最新作「DODECAGON」もマストです。(レビューはコチラ
ミニアルバム「スウィートソウルE.P」
そしてシングル「YOU and ME」「十四時のかげろう」もオススメでっす。


[画期的かつ衝撃的な試み]
なんとあのヒムロックが Jimmy Eat World「Pain」をカバー!!
斬新かつダイナミックな試み。ヒムロックの偉大さに驚愕。
iTMSで買える(つーか試聴出来る)
JEWはPUNKSPRINGで来日決定してます。単独があることを願ってます。
絶対観たいよーう!!
author: am
LIVE REPORT/ EVENT | permalink | comments(0) | -
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment:






am sign

KIMOCHI的にはMUSIC/LIVE REPORT/REVIEW をメインにいきたい音楽&日記系blog
人生の伴侶は音楽であります。