<< ◆ 11/29(wed) ZAZENBOYS TOUR MATSURI SESSION瓠SHIBUYA-AX*prev
◆ [購入履歴] Midlake / The Trials of Van Occupanther >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

◆ [購入履歴] Clark / Boddy Riddle


Body Riddle



出遅れましたが、Chris Clark改めClarkの新作やっと聴きました。
WARPは好きなレーベルのひとつですが、その中でもデビュー作からガツンときたのがこのChris Clarkでした。まぁ老舗安心レーベルのWARPが満を持して放つ新人とくれば誰彼注目するとは思うのですが。新作と比較すればキャッチーさを感じられる2ndで脚光を浴びてから、待望の3rd。今作で彼自身名前を短くワンワードに変えて、ちょっとした新装開店?とワクワクしておりました。

Clarkサウンドの特徴といえば、跳ねる強靭ビート×うねるメロディー
今作では生ドラムをフィーチャーしたことによって、ビートにいい意味での軽さを感じる。それが第一印象でした。ただ、それも束の間の話で。

M-2「Frau Wav」からダークさを増したビートが絡む絡む!
BOCを連想させる非現実的な世界へ早速トリップ。
そして、M-4「Herzog」からM-5「Ted」の流れこそ個人的ハイライトとも呼べるベストトラックでして。まさにこれがClark節だよ!とリスナーが熱くなれるような容赦ないビート×メロディックな浮遊感に高揚させられましたよ!「Ted」の後半部分のクレージーなぶっ壊れ方もたまりません。やっぱこれだよ、と。2006年上半期にこの作品が聴けて良かったです。Clarkの過去のアルバム2枚もぜひ機会があれば聴いてほしいところです。


個人的な話になっちゃうんですけど、最近エレクトロニカ作品でガツンとくるような新作
だったり新人だったりに出会えてなくて、過去の名盤だったり過去の作品だったりを聴き漁ってるような状況でして。おそらくワタシの好みの問題だったり電波不足なんですけど、もし何かオススメの作品あったら教えてもらいたいなーって思ってたりしてます。はい。
author: am
DISC REVIEW | permalink | comments(0) | -
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment:






am sign

KIMOCHI的にはMUSIC/LIVE REPORT/REVIEW をメインにいきたい音楽&日記系blog
人生の伴侶は音楽であります。