<< ◆ [ダラごと] ライブレポとかヒゲとか。*prev
◆ [音楽] (続) Funkstorung is Dead! >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

◆ [LIVE] 11/11(sat) MOGWAI@新木場COAST



MOGWAIです。
初MOGWAIってきました。
この冴えない画像とは裏腹にグラスゴーのステキな人たちを初めて体感してきました。
今月の怒涛の来日ラッシュの第1弾がこれです。

こんなに大勢が集まるような大物来日アーティストを見たこと自体が久々で、
なんだかいつものライブの感覚とは異なりました。
あいにくの雨だったけど、新木場には愛するおモグを見ようと多くの人・人・人!
今年ですでに3回来日してるMOGWAIですが、自分初めて見ました。
事前のライブ予習&復習一切せずに臨みました。


今回の来日ツアーでは前座にRATATATが決定でした。
昔180にCD-Rを焼いてもらった思い出あり。
このRATATAT,ギター&ベースの2人組でして、MOGWAIに比べたらやっぱり迫力には欠けるけど、いい意味のチープなエレクトロパンク感とたまにメタル風味に感じる重厚さ、ライブで見ても悪くなかったです。好みは別として。ギターはかなりマイペースに好きなようにやっておられました。イナバウアー(もう死語化かね)したときにはあやうく発狂しそうになったよ。あぶなかった。もう俺様的というか、いやワタシは俺様嫌いじゃなかった。残念だったのは照明が基本ずーっと暗くて、せっかくのアクトがあまり引き立てられなかったところです。それが狙いなのかもしれないけどもっと見せても良かったんじゃ?と思った。ああいうギターパフォーマンス好きですよ。本人は意図してないであろうイナバウアー奏法。

そして今日の主役のMOGWAI登場!
このMOGWAIおじちゃん、事前のhostess情報によればUKから自分達で立派な照明を持ってきちゃったそうで!今日は音楽はもちろんのこと、そんなマイライトもワタシの中では見所だったよ!
そしてその噂のライト・・・めっちゃ活躍してたから!MOGWAIおじちゃん大成功!
セットリストは割愛で・・・

やっぱMOGWAIの醍醐味っていったらやっぱこれです。
心にどーーーんときたのは、あの轟・轟・轟音の嵐な場面!
多分「Travel Is Dangerous」のとき。
静寂から、くる?くる?ってじわじわきますよね。大体バーストするときって予測つくじゃないですか。でも今日の1発目のバーストの時、全然気付かなくて。多分引き込まれてたから。で、いっきなり轟音爆弾投下されて、バックにはあのご自慢の照明がピカピカすごくて!で、ステージにはドラムだけが後方で横に弦4人がばーんって並んで、各自轟音じゃないですか。もうその音とステージの迫力に金縛り!

そのときワタシの中で浮かんだ言葉は・・・渾身!!

もうすっごいですよ。やっぱあれくらいの轟音じゃーないと満足できないし、それを奏でてる男5人(それも大人の)必死というかもう渾身でしたよ!渾身の漢が5名。それを目玉ひん剥いてガン見する聴衆。

けっこう忙しなくピアノとギターを行ったりきたりだったり、Macをいじったり、パッド叩いたり、各メンバー色々忙しいんですね。まさにライブならではの発見。
打ち込みも迫力あったけど、やっぱ生ドラムには敵わないよと思った。そしてピアノ美しかったですねー 「Friend Of The Night」とかの。そして「Acid Food」での打ち込み音大好きだわー でもやっぱり、あの轟音の嵐!これがやっぱMOGWAIだよ。

2回目のバースト時は、金縛りじゃーなくて笑顔になりました。多分「Glasgow Mega-Snake」のときかな。もう何か心満たされちゃって、最初は迫力に「うわー」だったのが、次はハッピーでしたよ。MOGWAIは聴いてハッピーになれる。天国行きって感じで。なぜか笑顔なワタシ。

そのときワタシの中で浮かんだ言葉は・・・昇天!

バックの照明部分の骨組みブロックがちゃんとMYT瓩辰討覆辰討燭里良かったです。
MOGWAI YOUNG TEAMって意だったんでしょう。とにかく照明サイコーでした。RATATATに分けてあげたかったくらいですよ。UKからわざわざ持ってきた甲斐ありまくりです。

3回目のバースト時は、もう打ち上げ花火を見ているかのようでした。壁から床から身体に伝わってくる音の狂った振動が凄かった。

渾身→昇天ときて、最後はそうですね、充電!!
そうそう充電完了っぽかった。自分の中で。
ライトピカピカ、静〜動への狂乱っぷり、音の襲撃にもうコチラ電気ビリビリ。
充電以上、感電未満。
アンコールのラストは「We're No Here」だったかな。最後みんなバラバラに帰って、残されたのは会場に響き渡るノイズとライトのコラボレーションのみ。ライトがこれでもとばかりビカビカしてた!エモーショナルなサイケデリックでした。なんだそれ。
しかし最後はスタッフが延々止まらぬノイズを自ら消音させて終了。

なんかねーパワーをもらっちゃったですよ。
終わった後の感想は「ほんっとパワーもらっちゃったよー」ってそれがデカかった。
神々しかったなー
轟音ってのは罪な奴です。やっぱりワタシの音楽人生の中で大きなキーワードなんだ、と再確した。

次回は65dos,これもね!やっと3年間あたためててきた想いが叶う!
そしてアフロ!これなんて超良番ですよ!これ最前列余裕でいけるくらいの。am久々の軽装で一生に一度のチャンスの波に乗るかもです。JEWアゲイン。こりゃ薄着で遠足着のような軽装でトライ。はーーまず体力作りからはじめよう。
author: am
LIVE INFOMATION | permalink | comments(2) | -
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
12日のリキッドもやばかったよー。アンコールのMy Father My Kingは本当鳥肌でした!!!
comment by: 180 | 2006/11/12 11:31 PM
>180

連日MOGWAIいいね!!
ほんっと鳥肌とガン見と圧巻なステージを繰り広げてたね。
今月ほんと体力作りしときゃーよかったくらいのスケジュール。耳鳴り続きそうなライブだらけってのもおつなものよね。
comment by: am | 2006/11/14 1:38 AM
Leave a comment:






am sign

KIMOCHI的にはMUSIC/LIVE REPORT/REVIEW をメインにいきたい音楽&日記系blog
人生の伴侶は音楽であります。