<< ◆ HERBERT / SCALE*prev
◆ merck @JAPAN TOUR >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

◆ puli / fellows met by chance

fellows met by chance
fellows met by chance

今日の帰路にていきなり猫が飛び出して目の前に現れたのでフツーに叫んでしまった。ビビリなので許してください。
新種のチカンかと思った。(それは絶対ない。むしろ新種て何よ?)
で、そんなビビリな自分を忘れたいので今日買ってきたCDを聴き漁っております。今日はなんか元気だよ。

2番手に聴いたのは puli のニューアルバム。唯一の邦楽だね。
だってこの作品ってば、これを作り上げて脱退していったやりきった男が関わった最後の作品でもありますし。
でも個人的にやりきったとは思っていないんです。
なんだよそれ、どんなだよ、とかは聞かないでー!

ちゃんとした脱退の理由が発表されないのはなんでだよー?とか
そゆキモチもそこまでなくて。
ただこれだけで終わって欲しくなかったよ、と。
どんな理由があるかはわかんないし、もしかしたら知らなくてもいーことかもしんないし。正直なところ「まじファンです」ってわけでもなくて、個人的にもその人に思い入れがあったわけでもないんだけど、すごい可能性を感じていたので。声も好きだったし。
でも、このサウンドやメロディーセンスやアレンジ能力があってこその前提で可能性を感じてたんだと思います。
おっと、なんだかしんみりムードですか、ワタシ。
いやいや、ちゃんと向き合ってじっくり聴いてますよ。

※ P.V 見れます。(day breakの)
コチラ
◆ puli / fellows met by chance

全体的にすごい落ち着いてるというか、叶姉妹語録を使用させて頂くとすれば爛哀奪肇襯奪ング・ガイ瓩覆蕕梱爛哀奪疋瓮蹈妊ー畫缶姪プッシュ!って感じです。
1stの核となった名曲 「Just take one step」 のようなテポドン級の曲があるかなーと思いきや、正直そこまでの衝撃はなかった。
ただじっくりじっくり聴いてどんどん印象代えていきそうな気がする。
しいていえばM-2 「Daybreak」 のころころ変わるリズムの変拍子っぷり→ダウンテンポしてグッドメロディー炸裂(&美コーラス)するところなんかは、洋楽好きの方にもぜひいちど御賞味願いたい!
そしてなんかエレクトロニカ要素っていうか電子音的なアプローチなんかもあったりしておもしろい。

M-1 「Treasure」 に、ASPRの忍が参加しててビビッた。先輩だ。

で、ワタシはといえばまだ上述の2曲に加え、次の1曲しか聴き込めていないんですよ。まぁリリースの当日の感想はこんな表面的なものにどうしてもなっちゃいますね。ただこれも大事なファーストインプレッションってことで。女は直感を大事にしますから。
ってよくわかんないけど。またテキトーなことを言ってますが。

で、何を聴いてるかといえば。
結局しんみりじゃん?とかは言わないでー 言わないでー
M-4 「You Know All My Heart」 です。

これはワタシがまだ puli のライブに行ってた頃に話は戻って。
新曲の発表が遅くてセットリストは毎回変えてくれるんだけどちょっとだけ飽きちゃってて、そんな中で出来上がってたライブでも披露されてた新曲の一方。
コーラスが耳について離れず、高速ハイハットにやられた曲ですね。
まぁ puli の良さ、そして武器がどどーんと前に出てる曲です。
もっと自信持ってくれ!と思った。(いや持ってるだろうけど)
もっと知名度あがっていいと思うんだけどねー。
その中でも脱退しちゃったあの方のソロがありますね。もっとどんどん歌っちゃえばいいのになーとか下手したら1曲ソロ持っちゃえばいいのになーって思うくらい彼のファンはたくさんいたでしょう。
1フレーズだけだけど、ちょっと久々に聴いたら「やっぱもったいないー!」と思ったよ。ほんとに。ま、またしつこく言うけどファンじゃないんですが、ほんともったいない!と。ただそれだけです。可能性をまた感じてしまったワタシって!また観たいなー・・・
とか言って、また演歌なニオイがプンプンですよ、やめよう。

そして「Never4get」って曲を勝手に深読みしてる自分。
全然違うかもしんないけど。
【by mimicking him】っていう詞の部分をどうしてもうまく訳したくて、外人と付き合ってる友達に「訳せる?」(そりゃ訳せないわけはないし、ってツッコミはなしで)ってお願いメールしたワタシはこれでも一応英文科出身です。そう考えても偽英文科だね。

CBMDと仲良しな彼らですが、CBMDの良質メロディーにもっとギターをぶ厚くして骨太にしてちょっとテクニカルにして疾走感加えたって感じです。全然別物だけど。ワタシは puli の方が断然肌に合ってる。
これからもっと印象も変化していくはず。

author: am
DISC REVIEW | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://amsign.jugem.jp/trackback/173
TrackBacks:
 
 

am sign

KIMOCHI的にはMUSIC/LIVE REPORT/REVIEW をメインにいきたい音楽&日記系blog
人生の伴侶は音楽であります。