スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

◆ 2006年 総括ベスト

◆ DISC OF 2006

Scale / Herbert
サンプリングコラージュ数とネタだけでも大革命なのに、自分を規制して産んだストイックな作品のフタをあければポップの宝箱。そのポップの裏にひそむ歪みに万歳。トラップだらけのサウンドマジックはもちろん男女デュエットや詞,対訳,ボートラなども大きな勝因。買うなら絶対国内盤。あ、結局嘔吐のサンプリングコラージュどこだか紐解けず・・・誰か知ってる人いますか。


Body Riddle / Clark
今作で改名&生音導入ということで変化するんかorおとなしめになるんかと勝手に前評判で困惑。このときいまいち自分好みの音にめぐり合えず低迷しており、Clarkでビリビリ来なかったらどうしようと原因不明のモヤモヤに駆られていた。結果発狂!こゆのを求めてた!窮地を救ってくれたアルバム、救世主(メシア)作品。これもHerbert に続く莫大なサンプリングコラージュ駆使してるんだよね。個人的にも今年はコラージュづいてたんだろーか。


Facades & Skeletons / Cappablack
これまた救世主になってくれた作品。おどろおどろしい感覚に駆られながら2分毎(推定)にはいちいちガツンと衝撃に襲われる。9年ぶりに新作がリリースされるってことはそれだけ熱烈なリスナー,バックアップありき&何よりCappablack自体がもの凄い存在なのでしょう。一刻も早く1stを聴かなくっちゃこれ来年の抱負。9年前に出会えてたら人生変わってたかな。イントロ〜中盤そして某曲(あとでまた登場するはず)にガツンときてこないだ見に行ってきた。


Confirmation + Departure / Conflict
こちらも救世主作品。冒頭M-1の名刺代わり的なイントロ曲から好きですけど一度聴いたらクセになるこの中毒性。このビート出されちゃかなわないよね、と圧倒されるかっこよさ。そして首にキます。個人的感想としてはシビれるんですけどノスタルジーな印象も受けつつ。爆音で聴いていたい。上記のCappablack然り、今年はちょっとsoupづいてたんだろーか。いちばん印象に残っているライブは横浜HMVでのインストア。


Eingya / Helios
今年好んで聴いたエレクトロニカ作品の中では控えめですがあったかさと哀愁とこのジャケどうでしょう。憂いなアコギが物哀しさを膨張させますがM-6「Cost Off」がベストトラック。個人的にはその時の心境やら体調やらTPOやらが整ってはじめてイエス!イエス!って思えたんですけどもしかしたら垂れ流しで聴いたらもっと違ってたかもな これからそうしてみよう。


My Dogan / Kettel
よくあるフレーズで表現しちゃいますけどやっぱりメロディックでドリーミー。Kettelといって思いつくのはやっぱりこの独特な可愛いメロ。このアルバムはジャケもひどく好きでして!美しいなーかわいいなーって。個人的にもkettelきっかけでオランダっていう国にもまた興味湧いたし。ジャケやらアートやらそっち面でもひゃーってさせられるんですよね。動物ものの写真とかキャラとか多いしツボ。


Print Is Dead Vol.1 / Yourcodenameis:milo
YCNI:M追跡班として、手放しで祝福すべき飛躍作品なんだけどもコラボじゃなくてバンドだけで勝負してほしかったのが本音。でもThe Automaticとの共作が期待以上に良かった。のでよかった。そして何よりM-9ぶっといベースラインのHIP-HOPトラックがまさかYCNI:M作とはね。高速ラップと政治的リリックはどこぞのBusdriver及びOutkast?とか思ったUKの新鋭ラッパー Lethal Bizzleには今後も注目しようっと。


あ、うん / Bonobos
突如今年夢中になったbonobos。来年も夢中にさせてほしい。たゆたうリズムとα波な声。たまにジャングルっぽいビートもあるのもツボ。あと鮮やかビビッドカラーな方にどうも惚れやすいっていう自分の動物的な病もぶり返す始末(どーでもいい話)そして結局のところ自分は朝本チルドレンなんじゃーないかと思った次第。


Dodecagon / Kirinji
今年度のベストオブ爛張鵐妊讚畉酩福H蘰られてどん底に落とされたと思ったら今度はなんか王道ストレートきて、終いには最後に優しくグっとフォロー&心鷲掴みして帰る人たち。そして本人たちいたってほのぼのフツー時にてきとーな感じで。しかし個々で個性が確立されてるのに共作するとさらに強大なパワーを放ってくるからすごい。何年ぶりかに見たC.Cレモンホールでのライブも忘れない。ジャケがどんどん怖くなってきてるのもいい。


Merry Andrew / Yuko Ando
ビバラ雑食班としてエントリー。聴くきっかけがモノマネだったなんてもう言えないくらいお世話になった。今年唯一聴き漁った女性もの。バック陣もすごい強力なんだけど自分でも作っているし、いろいろなテイストもソツなくこなす器用さもいい。結局のところは日本人好みの王道泣きポップス路線をつっ走る楽曲の良さに埋もれることのない断固とした安藤さんの個性ありきだと思う。ね、あんどーさん。うん。

◆ SONG OF 2006

M-4. Harmonise / Herbert
全部大好きなんだけど、来日にはこの曲のリードvo.Dani嬢はいなかったから「やるのかな?」思ったら王子が代打で歌ったこの曲に激しくK.Oされてしまったので。ライブで聴いてさらに好きに!アップエンダウンってフレーズのキモチ良さったらない。


M-7. Day Of The Baphomets / The Mars Volta
アフロにはやっぱり魅了された今年。
サックスとギターのガチンコ対決、そしてボンゴ乱れ打ち乱舞、そしておセドの妖艶ボーカルに幾度となくカオスの渦で溺死した。


M-1. When It Happens It Moves All By Itself / Telefon Tel Aviv
今年リリースじゃなくてごめん。TPC来日記念でずーっとヘビロ。ワタシはこっちの2ndの方が好きだなー 1stよりも。ドラマチックでメランコリーにビート炸裂っていう大好きフレーズがたくさんつまった大好きな曲。


M-13. Crocodileleather T.I.E. / Dadamnphreaknoizphunk

これも古すぎてごめん。でも今年入ってちゃんと聴いたらばビンゴそしてヘビロ。Hardfloorは苦手だけどDadamn〜はイケる。今年の夏のテーマソングはまさにこの曲。iTMSで気軽に聴けるし買えるよ。ライトタッチなモテ線トラックだと思います。


M-11. Hear No Speak No (Featuring Awol One) / Cappablack
2006下半期のテーマソングはまさに曲。今求めてるものが本当にコレにつまっていた。どこからぶったぎったとしても絶対断固として好きだと言い切れるくらい。凄まじいトラックと凄まじいMCのガチンコ対決。というか本気で自分内2006年NO.1ベストトラックかもしれない。エンドレスリピートしすぎた。この曲の続編とか作ってもらえないかなー


M-2. Dorothy at Forty / Cursive
この曲は本当に変態オルタナCursive節。
ストリングが抜けてホーンで勝負。これがまたいい作用。
これ聴くと闘争モードにスイッチ入る。


M-2 衛星 / Bonobos
bonobosなら「Beautiful」と迷ったんだけどやっぱコッチで。この曲がなかったらココまで入れ込んでないかも。思い出の1曲はやっぱ踊れる曲で。思い出の@UNITでは衛星気取りでグルグルしてた。
DUBとドラムンの融合って罪よねー


M-3. Friday Night / Zazen Boys
キーボードの心地よいループに対して他3人の楽器が焦燥かつ凶暴すぎでアガる。前にTASAKAがこの曲をremixしたいって言ってたやつ実現してほしい。サウンドはもちろんフライデーナイトという口にするだけでも高鳴るワードをチョイスした向井ちゃんにまた合掌。


M-11. Love is on Line / Kirinji
泣いた。泣ける。泣けた。
今年のキリンジ曲は豊作だったですね。その中でも末永く語られそうな重要な珠玉のバラードとして語り継がれるでしょう。ま、むしろワタシが継承しプレゼンしていくんだけども。


M-2. 君は1000% / Yuko Ando
2006年最優秀カバー賞。大体元々この楽曲自体がナイスチョイスなのにこのアレンジ最高。猖佑離ぅ縫轡礇襪弔い織轡礇弔肪綢悗┃甅犇笋領泙亘佑吠屬靴騰瓩箸レトロフレーズに現代人もばっさり!安藤さんの発した犹笋肇ルロスの相性最高瓩郎Gの名言に。そしてiTMSで原曲までをも購入してしまった自分は勝ち組だと思いたい。そんなあんどーさんでした。



◆ LIVE EVENT OF 2006


# ZAZENBOYS @UNIT
仕事のため対バンのTUCKERに間に合わず。走って靴が脱げたシンデレラメモリーも水の泡に。オーシット!な夜でした。けどもポジティブにZAZEN時にはソファーに仁王立ちで熱視線&フローティング。ラストにまさかのTUCKER×ZAZENコラボで演奏したKIMOCHI瓩呂修鵑壁垤なワタシへのサプライズだと今でも勘違いしています。アーバンメロウファンキーグルーヴィーなナイトライト豪華セッションでした。映像化してほしい。

# HERBERT @恵比寿リキッドルーム
最前列ど真ん中で歴史とHerbertおじちゃんをガン見。チケ定価でこの幸福。チップ制でもかまわなかった。まったりするつもりがまさかこんなガツンとさせられるとは。さすが才人奇人。生Herbertは座敷わらしチックもしくは松本大洋の描くキャラのように無垢だった。本編はもちろんラストの王子のワンマンプレイで発したテューン忘れない。最高にハッピーで揺れまくったあっという間のHerbertワンマンショーでした。

# METAMORPHOSE
今年唯一のフェス参加。奇人善人が静岡の山奥に終結している図もよかった。行き帰りの車内もミラクル炸裂でたのしかったなー。思ってたより寒くなかったし自分的には某稲葉ライクなショートパンツ姿は今年唯一この日だけの激レアでした。雰囲気と音だけでに楽しみまくったフェス。いちばん踊ったのは(というかトチ狂ってた?)DJ PATIFE。ドラムンねえさん降臨。こんだけ踊ったパーティーは今年これだけかも。謎のユニットO.D.Dの残像が未だ忘れられない。2日間くらいやってほしい、来年はテント族になる、来年もゴミ少なかったし今年の制度を継続してほしい。

# ROOTS&UNITED Vol.6 @UNIT
スク企画ってほんとにナイスブッキングしてくるなーと痛感。好きなものを観に行って好きな人が出る、好きな人が増えるってのはラッキー。音のねずみ講。bonobosはこれきっかけじゃなかったら音源で済ませてたでしょう。お互いがコラボってカバーしてお祭り騒ぎ。生bonobosでユラユラ揺れながらとろけながらライブ中に感涙という自分的には激レア行為をしたことも思い出。

# THE MARS VOLTA @ZEPP TOKYO
憧れを初体感。緊張のため異常なほどトイレが近くなる生理現象も乗り越えた向こう側には憧れたちが!目の前!お顔とヒップがあんな小さくってかわいい男性初めて見た。と、痛烈にミーハー化しかけた瞬間に音のカオスで溺死。肝心のステージはまるで大蛇でした。喰われるってよりな丸呑みされた感じ。


続きを読む >>
author: am
BEST SELECTION | permalink | comments(7) | -
 
 

DISK OF THE YEAR 2005 〜LIVE〜

■2005年 思い出の5ライブ

・クリックすると 旧ブログで書いた各ライブレポに飛びます。(JEW以外)


4/4,5 Jimmy Eat World @O-EAST



1日目は後方で全体を、2日目は最前列で鑑賞。
自己興奮度&至福度&陶酔度&観客一体感度100%!
もしかしたら現時点の人生の中で一番思い出に残るライブかもしれない。「Sweetness」は本当に特別な曲だと確認した。



7/8 無戒秀徳アコエレ @逗子KANNON



波音を聴きながら真夏の夜のアコエレ。
様々な仕掛けもあり、最高のシチュエーションだった。
打ち上げにて怪談話に出てきたエリマキトカゲの物真似をされるも、緊張して爆笑をこらえリアクション取れず自己嫌悪に陥る。

7/23 the band apart @新木場STUDIO COAST



2005年最も観たバンド=the band apartであり、その中でもapart初となるワンマンは大地震のハプニングも込みで特別な空間だった。いつもより何倍もの広さの会場だったのにいつもよりはっきり観えたような。そして何だかコチラまで感極まる始末。そんな素晴らしい模様がDVDになるとは・・・

8/28 ZAZENBOYS @日比谷野外音楽堂



ナンバガ時代からもはや恒例になっている野音。行ける限り毎年行きたい、真夏の野音は特別。日比谷周辺にあの音が響きわたり、無差別に誰かの耳に届いてると思うだけでゾクゾクする。虫、そして森の精霊までもが同じ観客なのだ。そんな素晴らしい模様がライブ会場限定CDになるとは・・・

11/13 Cursive @下北沢SHELTER



Cursive来日公演最終日。久々に超満員のSHELTERを観た。最後方だったのに空気が薄くて苦しかった。来日直前にチェリストの脱退が発表され大変残念に思ったが、Cursiveは4人でも立派にCursiveだった。壮大で幻想的なアクトだった。


(次点)11/5 Scoobie Do×ZAZENBOYS @代官山UNIT

うー 迷った次点。
スキなバンド同士が対バンだけでもアガったのに、同じステージ上でセッションされて死んだ。2バンドともいつもに増してテンション高いライブだったように感じた。
author: am
BEST SELECTION | permalink | comments(2) | -
 
 

DISK OF THE YEAR 2005 〜NEW COMER〜

■2005年 思い出の5枚 (新人編)

yourcodenameis:milo / Ignoto



元・相棒の180からアルビニ先生プロデュースのEPのプレゼンを受け、みるみる見事にハマったYCNIMの1st AL。よく聴いたなーコレ。まるで刃物の暴挙なギター音と、耽々と繰り返されるメタリックなフレーズに乗っかるハイトーンボイス、弦vs弦・打vs打の不協和音のオンパレードにはATDIが引き合いに出されるのにも納得です。
幻想的でドラマチックなM-9「EMPTY HEAD」は再生回数上位に食い込む個人的BEST SONGでもあります。日本盤発→来日切望!

Clap Your Hands Say Yeah / Clap Your Hands Say Yeah



USレコ屋チャートNO.1にランクインしていた知らないバンド名犲蠅鮹,海Δ アーイエー瓩半ー蠅墨駄し、一晩経っても気になって仕方がないので期待せずに試聴したらばビンゴ!その時は直輸入してるレコ屋の通販でしか流通してなかったのでダウンロードしたMP3をエンドレスリピートの日々・・・ってもう説明不要でしょうか。本国ではもちろん、此処日本でも一躍ヒーローになってしまいましたもんね。トッド・ラングレンにも影響されたらしくそれは奇遇、ワタシも大好きですと思いました。

Tela Melos / Tela Melos



65days of staticから暴挙さとデジビートを抜いて、よりハードコア〜フリージャズ〜マスロック要素を盛り込ませたようなポストロックで、Youthmovie Soundtrack Strategies(相変わらず名前長いねー)に近いサウンド。轟ギターはアグレッシブに勢いで攻めてきますが、ジャズっぽいカッティングギターのフレーズも多かったゆえスタイリッシュさが目立ち、難なく聴けました。
私的ポストロック部門では、65 days of staticに次いで2位。まずは次作に期待してます。

The Afters / I Wish We All Could Win



2005年2月リリースなのでもう1年前くらいですね。基本的にPOPが好きなんですけど、当時というか最近の傾向として真っ直ぐな美メロと美ボーカルからめっきり遠ざかっていたため、正直最初はちょっぴり恥ずかしかったわけです。でもやっぱり良いものは良かったんです。POP〜EMOの直球ストレート。
私的2004年でいうThirteen Senses,KEANEのような位置です。
人は亡くなったら土に返ると言われるように、結局はこうして音の好みも基本に返っていくのでしょうか。

The Fall of Troy / Doppelganger



新人ではなくてすいません・・・。若干スクリームが苦手な自分が相当聴いたので個人的にも印象的な盤'05なので。といってもそこまで叫んでもないし、若さゆえなのか叫び声もクリーンに聴こえるのが良かったのでしょう。で、何が心底良かったのかといえばこのたたみ掛けてくるアンサンブル!20歳くらいの青年がトリオでこんなカオティック世界を編み出すとは!Mars Voltaの2ndは聴き手の体調を選びましたが、Fall of Troyは単純に聴きやすいので朝からガンガン聴いてアガってましたね。
author: am
BEST SELECTION | permalink | comments(2) | -
 
 

DISK OF THE YEAR 2005 〜IMPORT〜

■2005年 思い出の5枚 (洋楽編)

Sigur Ros / Takk...



リリース毎に成長してくるジャケットに描かれた夢遊病者のせいか、前作に通ずるダークサイドへベクトルが向かっていると思っていたら想像を反してポップで驚く。
M-3「Hoppípolla」で心が浄化され、M-6「Sæglópur」で成仏される感じ。中ジャケには平和を示すたくさんの鳩。静聴中の脳内では常にフランダースの犬のラストシーンが浮かんでおりました。ワタシはいざという時が来たら天国に行きたい。傑作!!!

65daysofstatic / One Time for All Time



轟音(というよりむしろ爆音)ポストロックに、Aphex Twinがめった斬りにしたビートを乗っけたら?のようなサウンドで、デビュー時から聴き逃せない彼らの2nd。
狂気と美しさを兼ねたギターバースト、スリリングなピアノの音色、平常心をぶっ壊されそうになるダイナミックな暴ドラムに、感情の抑制装置が利かなくなります。
噂によると祝・日本盤リリースが決定したそうなので、絶対来日お願い!!!

The Mars Volta / Frances the Mute



冒頭の「Cygnus....Vismund Cygnus」だけで考えても衝撃度・ド肝を抜かれた度は上位に食い込みます。難解不可解な要素もたっぷりなせいか聴き手の体調次第で感想が変わるのもミソ。しかしながら、難解な中にも垣間見られるポップ要素や「The Widow」でのまるで昼メロのような大袈裟すぎる音展開がアルバムのバランスを保っていたのが勝因。
やりたい放題だけじゃない、計算しつくしてる感に感服!

Boards of Canada / The Campfire Headphase



あの名盤『Geogaddi』以来、実に3年半ぶりのリリースになったBOCの3rd。
金属的な電子音のせいでどうしても犧遒蕕譴心境瓩先行してしまうエレクトロニカというカテゴリーの枠にあっても、ここまで人肌の温かさを感じられ夢心地な世界にトリップ出来る音楽もなかなか珍しいのではないでしょうか。
今作でも変わらぬ幻想的な音世界に、思わず目閉じモードに。
心が洗われるといった部分では、上記のSigur Rosに通じております。

Plus Minus / Let's Build A Fire



温かさとクールさ・優しさと激しさを秘めた+/−節が更にパワーアップされた2nd。
音に甘えてうっとりしていた途端、突然ブレークで爆音!
USインディー界のアメとムチバンド、対極した音世界の共存を甘く見ていると火傷しますぜ!個人的には今までは狎鼎汎悪瓩+/−の武器だと思っていましたが、今作では優しいままで終わる素直な名バラードが多くまた魅了されてしまうはめに。
リピートされるリフだけで参ったM-8がベストトラック。
author: am
BEST SELECTION | permalink | comments(0) | -
 
 

DISK OF THE YEAR 2005 〜DOMESTIC〜

■2005年 思い出の5枚 (邦楽編)



ZAZENBOYS / HIMITSU GIRL'S TOP SECRET


1st,2ndと比較すれば、より極めにこだわりソリッド感を増した作品。音vs音のガチンコ勝負で生み出されるこのうねりは聴き手を秒殺させる殺傷効果も。
息が詰まりそうな中でもTシャツまで作ってしまったM-3での詞世界に見られるように緩めるところは緩めつつ、締めるところはバシっと締める絶妙のサジ加減に見事に踊らされてしまうことになるとは。

the band apart / quake and brook


ライブは多いもののリリース活動はマイペースなバンドだけに、待望の2ndアルバムとなった今作。1stと比べ、落ち着いた印象で風格すら漂うのはその演奏テクニックと見事なアレンジの賜物じゃーなかろうか。メカニックなイントロには鳥肌が立ち、一瞬「ボートラ?」と耳を疑った西遊記調の某曲まで全10曲異常に聴き込んだのにも関わらずまったく飽きず。むしろ常に新発見ばかりで困ってしまったほど。

真心ブラザーズ / Dear,Summer Friend


3年半ぶりに活動を再開した真心の復活第一弾シングル。
大名曲「サマーヌード」に匹敵るキャッチーさをぶつけてきたことに発狂したファンも多かったことでしょう。(これって自分のことか)
復活を後押ししてくれたのは、次世代真心崇拝バンド(サ○ボとか)のご活躍と誉め殺しのおかげかもとワタシは勝手に思ってます。でもそれは真心自体がかっこいいからなのですけど。

Uri gagarn / NO.1 Oracle


この中では知名度も劣ると思うのでちょっとご説明から。多くのバンドに混じっても絶対頭から離れない忘れられないバンド名と、ライブの対バンメンツがいい感じだったのが興味を抱いたきっかけ。自主レーベルからリリースした今作が予想以上の衝撃。初期NUMBERGIRL,SPALTA LOCALSに通じる端的な轟ギターとオルタナ臭、そこに乗っかる唄声は、基本へなちょこ、時に絶唱。その中でもM-2が聴きやすい。

TERIYAKI BOYZ / BEEF or CHIKEN


正直なところ今更感&DJ SHADOW, CUT CHEMIST, ADROCK, Daft Punk, DUN THE AUTOMATOR等の明らかにゴージャス過ぎるプロデューサー陣のクレジットからお金を連想、そして「今夜はバギーパンツ」ってなんてタイトル!と思うも、聴く度マイナスが次第にプラスに働いてしまった1枚。2005ベスト盤ではないけども、いい意味で機能してしまったのでランクイン。メンズがあれくらいの人数でふざける図というのにめっぽう弱い自分のミーハー精神が未だ抜けきれてないことを再確する機会にもなった。
author: am
BEST SELECTION | permalink | comments(4) | -
 
 

am sign

KIMOCHI的にはMUSIC/LIVE REPORT/REVIEW をメインにいきたい音楽&日記系blog
人生の伴侶は音楽であります。